【インド】アウランガーバード編


使いたい分だけデータ量を購入して海外で何度でも使えるデータ通信専用SIM

こんにちは、FITNESS ENGINEERです!
世界遺産「エローラ遺跡」を見たいというモチベーションでムンバイから350Km離れたアウランガーバードという町まで来ました!

アウランガーバード

「エローラ遺跡」を早く見てみたい!!

CST駅で帰りの寝台列車が予約できたので、帰る日は決まっています。滞在期間は今日を含めて3日間です!第一の目標は「エローラ遺跡」、時間があったら「アジャンタ遺跡」この2つをクリアしたらゆっくり町歩きをしようと計画をたてまず初日に「エローラ遺跡」に行くことに決めました!

セントラル・バススタンドへ!!

「地球の歩き方」にはアウランガーバードのセントラル・バススタンドから1時間に1〜2便出ています!観光バスもこのバススタンドの11番ホームから出発してます!と書いてあります。

バスターミナル

バスターミナルへ行ってみましたが、、、????インド表記でどこが11番ホームなのか全くわかりません。また、1時間に数本出ているというエローラ行きのバスがどれなのかも全く想像がつきません。やばい、進めない。。。途方にくれる事1時間。誰も教えてはくれません。どこ行きかわからないバスに乗る勇気はないのでとりあえず今日は「エローラ遺跡」には縁がなかったと思って、とりあえず市内観光をすることにしました!笑

アウランガーバード市街地へ

全く観光地化されておらず、特にTHE見るものっていうものはありません。地球の歩き方にはうすーーーーくアウランガーバードの観光地が紹介されていますが、ページ数は少なく、あまり日本人は来なさそうな場所です。

アウランガーバード市街地

ヒンズー寺院でしょうか、インド人は信仰が深いです。街中を結構散歩してみたのですが、全然外国人に会いません。どこにでも大概ヨーロッパ系の人はいるものですが見渡す限りインド人のみ。

ヒンズー寺院
ヒンズー寺院

そうだ!観光地へいってみよう!

街中には特に珍しいものはなさそうだったので、とりあえず、地球の歩き方に乗っている一番観光地っぽいところへ行き、きっとそこには外国人観光客がいるので、「エローラ遺跡」への行き方をアドバイスしてくれる救世主がいるはずだ!と思い立ち「ビービー・カ・マクバラー」というタージ・マハルみたいなところへいってみることにしました!

バイクタクシー

ビービー・カ・マクバラー

「ビービー・カ・マクバラー」につきました!結構すごい!見応えあります!地元の人からは「ミニ・タージ」と呼ばれているようです。インド人観光客が結構来ていました。仲間同士で写真をとったり、和気藹々と過ごす家族も見かけました。が、、、しかし、ここにも外国人の気配はありません!!!!

ビービー・カ・マクバラー
ビービー・カ・マクバラー

かなり居心地がよく、また、次に行くあてもなかったので、かなーーーり隅々までみて回りました!玉ねぎ部分をつかむお決まりカットを撮ってみたり、、、笑

ビービー・カ・マクバラー

この「ビービー・カ・マクバラー」は母を偲んで息子がこのお墓(マクバラー)を建てたようです。大勢の人が参拝をしています。

ビービー・カ・マクバラー内部

パーンチャッキー

「ビービー・カ・マクバラー」の近くに、これまた地球の歩き方に掲載されている観光地があったので立ち寄ってみました!入場料がガイドブックには外国人20RMと書いてありましたが、実際は100RMでした!値上がりしてますね!

パーンチャッキー
パーンチャッキー

んー。何がすごいのか。ただの溜め池にか見えない。。。笑 なぜ観光地となり得たのか?詳しく説明を見ると、昔、当時としては画期的な方法で10Kmも遠くから水路を引っ張り、ここまで水を運んでくることに成功したそうです。この場所の由来でもある「パーンチャッキー」とは水車のことで水の力を利用して、水車を回す技術そのものが珍しく、観光地化したということでした。今でもその水車を見ることが出来ます。

昼ごはんでも食べて作戦を練り直す!

完全にアウランガーバードに来たことを後悔し始めました。。。ビービー・カ・マクバラーにはトイレがなく、パーンチャッキーはありましたが超原始的な自分で水を汲んできて流す方式だったため、一度宿に帰り作戦を練り直すことにしました!ちょっと距離がありますが、駅前まで歩いてみます。

アウランガーバード駅まで到着!

結構歩きました!昨日は夜中で駅の全体像がよくわからなかったので、昼の安全なうちにみて回ることにしました!別のプラットフォームへ移動するための高架橋から眺めて見たのですが、尋常じゃない人です。10億人おそるべし。

アウランガーバード駅

宿のレストランでタリーを!

宿泊している「Lalaji’s」の1階ではカレーがたべれます!このセットめちゃめちゃうまい!この宿駅近でおすすめです!

宿泊宿

シャワーを浴びて、ビールを飲みながら作戦を考える。

「エローラ遺跡」への行き方を再度、じっくり考えました。

⑴バスでいく。

⑵タクシーをチャーター

⑶観光協会でツアーに申し込む

宿のベランダから

地図をみていると近くにMTDC(マハラーシュトラ州観光開発公団)の事務所があることに気がつきました!何か情報がもらえるのではないかと勘が働きます!ビールを飲んで、リフレッシュしたら行ってみることにしました!

Fitness Engineer

こんにちは!FITNESS ENGINEERです! 普段はエンジニアとして仕事をしています! 趣味は筋トレです! 旅行が好きで、よく一人旅に出かけます!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください