【フィリピン 】スモーキーマウンテンへ行ってみた!


使いたい分だけデータ量を購入して海外で何度でも使えるデータ通信専用SIM

こんにちは、FITNESS ENGINEERです!
フィリピン発展の闇スモーキーマウンテン へ行ってみました!

スモーキーマウンテンとは?

フィリピン・マニラ スラムツアーに参加してみた!」に詳しく書きましたが、マニラ都市部からほど近い「トンド地区」と呼ばれる場所にゴミを集めてきてただ単純に捨てる場所がありました。集めてきたゴミを分別することもなく、ただ捨てたため生ゴミの発酵熱で燃えやすいゴミが発火し、常に煙を発していたそうです。これを遠くからみると山から煙が立ち上っているように見えるので「スモーキーマウンテン 」とこの場所は呼ばれるようになりました。このスモーキーマウンテンはすごく劣悪な環境にも関わらず、ゴミ山の中からお金になりそうな物を見つけて売ることで生活する「スカベンジャー」と呼ばれる人たちがこの地域に住んでいました。このゴミを捨て場は非常に危険で、衛生環境も悪く、フィリピン発展の闇の部分がここにはありました。この問題は世界各国に報道され、フィリピン政府は避難を浴びました。イメージが悪くなるのを恐れたフィリピン政府はこのスモーキーマウンテンの閉鎖を決定し、低所得者向けのアパートを次々に建てました。今回、この跡地を見に現地へ行ってみました!

行き方は?

Tayuman駅から歩きました!トンド地区への行き方としてはジプシーやタクシーなどで行く方法も考えられますが、ジプシーは難しい!タクシーは間違いないですが、その地域がヤバイと思っても引き返せない、ということで歩いて行く事にしました。過去に行った事のある人の記事などを参考に、雰囲気がヤバそうであれば途中で折り返そうと心に決めて行く事にしました。※安全を保証できる場所ではないので、完全に自己責任です。
その中でも、「午前中のうちの方が安全」「綺麗な服装ではなく現地人が着ているようなシワシワのTシャツの方がいい」「貴重品は持っていかない」などの情報を参考に必要最低限のお金と写真を取るためにケータイだけ持って行ってみました!

スモーキーマウンテン

トンド地区へ

Tayuman駅周辺はマクドナルドがあったり、オシャレなカフェもあり、外国人もそれなりにいるため心配になる事はなかったのですが、トンド地区に近くに従ってどんどんローカルな感じが出てきて、外国人も全然いません。普段からあまり外国人が来るようなところでないのか、歩いているといろんな人にジロジロ見られます!緊張感が高まります!危険を感じたら走って逃げよう!その一心で歩き続けました。

トンド地区
トンド地区に流れる川

スモーキーマウンテンへの入口へ!

googleマップにスモーキーマウンテン の場所は掲載されているのですが、詳細な道はのっていません!googleマップの方向に行くにはおそらくここが入り口だろうという場所を見つけました!が、かなりスラム感があります。かなり悩みました。ここで折り返そうか、、、しかし、小さな子供が遊んでたり、ほんわかした空気が流れていた為、せっかくここまで来たので行けるところまで行ってみよう!そう決心し、潜入する事にしました!

スモーキーマウンテン入り口

スモーキーマウンテンの今!

スモーキーマウンテンについに来ました!!ゴミ山スモーキーマウンテン はもうなく、低所得者向けマンションが十数軒建っていました!

スモーキーマウンテンのマンション
低所得者マンション
所狭しと建てられている
ゴミの仕分け

無料の診療所!

スモーキーマウンテンで意外だったのは、フィリピンで大型の商業施設を運営しているSMグループの無料診療所がありました!貧困地域にちゃんと支援の手が入っているようです。

SMグループの診療所

過去にフィリピンの闇の部分を抱えていた「スモーキーマウンテン 」ですが、現在はかなり整備されていました。裕福な地域ではないものの、普通に生活できる町がそこにはありました。実際に自分の目で見て感じることがとても大事だと感じました!

フィリピンマニラで滞在するなら

マニラにはたくさんのゲストハウスがありますが、トップレベルで過ごしやすいゲストハウスは「ZHostel」と思います!セキュリティがしっかりしており、部屋も綺麗です!近くにコインランドリーもあり、長期滞在も可能です!

Fitness Engineer

こんにちは!FITNESS ENGINEERです! 普段はエンジニアとして仕事をしています! 趣味は筋トレです! 旅行が好きで、よく一人旅に出かけます!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください