【映画】ニューヨーク ジャンクソンハイツへようこそ!!


フレデリックワイズマン監督作品「ニューヨーク ジャンクソンハイツへようこそ」を劇場で見てきました!http://child-film.com/jackson/

見ようと思ったキッカケは「日経新聞」!!

日経新聞の夕刊の最終面(1面の裏側)が文化面になっているのですが、ここにこの映画の紹介が書いてあり、何かひっかかるものを感じたので切抜きしてました。

ジャンクソンハイツとは・・・

⋅ニューヨークのアイデンティティであるTHE人種の坩堝の象徴的な場所
⋅なんと167の言語が話されている
⋅LGBTパレードが行われた最初の場所

気になる!!これは完全に気になる!!

公開している劇場を探す!

さっそく、劇場公開している映画館を調べました!
http://child-film.com/jackson/#theater
一応、全国にて見れるようですが、各地域1週間程度しか公開しておらず、
関東での公演も限られている、、、これは計画的に予定を建てなければ、、、

ちょっと自宅からは遠かったのですが、日程が合う日がなく、川崎市アートセンターに観に行ってみました。
http://kac-cinema.jp/

川崎市が運営している映画館があるんですね。素晴らしい。

建物の中には映画館と劇場がありました。文化的です。

感想

ネタバレにならないように書きますが、
「ニューヨークの多様性が今、揺らぎ始めており、ニューヨークがニューヨークでなくなってしまう危険性」を日々の日常生活から描き出しています。
移民の多いこの地域は教育をしっかりうけた人が少なく、頭のいいニューヨークのブローカーたちの餌食になりかけています。
一方で、さまざまな団体が団結し、ニューヨークの多様性を維持していることも感じとれます。
答えのない映画ですが、考えさせられる事も多かったです。近所の映画館での上映がきまっていれば公開期間が短いのでお気をつけください!

Fitness Engineer

こんにちは!FITNESS ENGINEERです! 普段はエンジニアとして仕事をしています! 趣味は筋トレです! 旅行が好きで、よく一人旅に出かけます!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください