【フィリピン】マニラに行ってみた!


使いたい分だけデータ量を購入して海外で何度でも使えるデータ通信専用SIM

こんにちは、FITNESS ENGINEERです!フィリピン・マニラへひとり旅に行ってきました!マニラへ行ってみたいけど、、、治安とか不安だし、そもそも何があるのかわからない!と行った方向けに「空港から宿まで」の移動方法をまとめました!

なぜフィリピンマニラへ行こうと思ったのか?

答えはシンプル!!航空券が安かったから!!スカイチケットで最安値の往復23,000円!!
あわよくば、フィリピンマニラにある「GOLD GYM」へも行ってみたい!
これは行くしかない!行くためには上司を説得し、溜まりにたまった代休を使わせてもらい、休みをもらわなければならない!

上司を説得する!


ちょうど土日にやならければならない案件が舞い込んで来たので、自ら手を上げ、土日出社を志願!さらには、日本政府が押し進める「働き方改革」を引き合いに出し、代休消化を強くアピール!
すると、土日の振り替え休日と4日の連続代休が認められ、なんと6日間の連休を取れる権利をゲットできました!

いざマニラへ!!

成田空港から直行便が出ており、約5時間でニノイ・アキノ国際空港に着きます。私はフィリピンのLCC「セブパシフィック」で行く事にしました。
航空券は激安であるものの、LCCだけあって、手荷物預けは出来ません!!そのため、キャリーケースは航空機内持込サイズ。
液体物も持ち込み制限内にしました。歯磨き粉やシャンプーなど、トラベルサイズの物でないと持込ないので注意が必要です!

ニノイ・アキノ国際空港から市街地へ

空港から市街地まで電車はありません。交通手段としては、以下の3パターンがあります。
⑴市街地の主要な鉄道駅までバスで移動する。
⑵空港近くの駅までバスで移動し、そこから電車移動。
⑶タクシーを利用する。

この中で私が利用したのは⑶タクシーを利用する!です。
なぜタクシーを選んだかと言うと、バスは発着数が多く、どこ行きかを知るにはコツがいります。初上陸のフィリピンで到着後数分間でこのルールを理解するにはレベルが高過ぎます!また、降りる時もその国のローカルルールがわからないと降りられず、どこか知らないところへ・・・なんて事も最悪考えられるため、私はタクシーを利用する事にしました。

Grab(グラブ)がスゴすぎる!!

フィリピンでは個人タクシーを呼ぶことができる「Grab」と言うサービスが充実してます。特に凄いのが、空港のタクシー乗り場の並びにGrab専用のカウンターがありました!

本来の使い方としては、携帯アプリで自分の位置と行きたい場所を入力すると、一番近くにいる車が迎えにきてくれるのですが、このカウンターを利用すると、自分の携帯に「Grab」アプリが入っていなくても利用することができます。また、乗る前に料金が確定するので、ぼったくられる心配もなく安心して利用できます!

比較的治安のいいと言われているマカティ地区のゲストハウスに予約をしていたのですが、そこまで377ペソ=約800円で行けました!
因みに隣のタクシー乗り場のおっちゃんにも値段を聴いてみましたが、800ペソでどうだ?と言われました。倍以上です!
フィリピンに行かれる事がある場合は、慣れていなければ「Grab」での移動をおすすめします!

マニラ・マカティ地区のゲストハウスへ

マニラ市内は治安の悪い地域もあります。しかし、外国人駐在員の多く住む地域は治安がいいので、宿泊場所はちゃんと調べてから選びましょう。私が選んだのはマカティ地区にある「Zホステル」です。非常に綺麗で、欧米人も多く、入り口には24時間銃を持った警備員が常駐しています。安全面、綺麗さからみてもオススメできるゲストハウスです!

マニラでオススメの「スラムツアー」

フィリピンは世界的にみても、けして豊かな国ではありませんが、めちゃめちゃ発展して来てます!アメリカの投資が半端ないです!しかしながら、その影とも言うべき圧倒的な貧富の差が生まれてきています。この現実に目を向けて、「フィリピン」という国を少しでも理解して帰りたい。そんな思いでスラムツアーに参加しました。

世界遺産フィリピン最古の要塞「イントラムロス」

世界遺産のフィリピン最古の要塞「イントラムロス」がマニラにはあります。要塞の中に協会や民芸品屋さんなど見所がたくさんありますがとにかく広いです。効率的に観光するのであればレンタサイクルがオススメです。サイクリングが終わった後も「地ビール」がレンタサイクル屋さんでは飲むことが可能なのですが、まじで!!!うまい!ぜひ、お試しあれ!

Fitness Engineer

こんにちは!FITNESS ENGINEERです! 普段はエンジニアとして仕事をしています! 趣味は筋トレです! 旅行が好きで、よく一人旅に出かけます!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください